« 島牧海岸の夕日 | トップページ | 石狩湾の黄昏 »

2016年9月 2日 (金)

タウシュベツ川橋梁(北海道・上士幌町)

 

 

Photo_4

 “学び舎のオルガン聞こふ秋水(しうすい)

 

     北海道上士幌町糠平湖

    流れるタウシュベツ川に旧国鉄士幌線の

    アーチ型コンクリート製橋梁が架かっていた

    (2001年、第1回北海道遺産に選定)

    1955年ダム完成により廃止

    夏の増水で水没し

    冬は氷と雪に閉ざされ荒涼化す

    湖底にはかつて村があり

    林業が盛んで、温泉街がにぎわい

    わらべうた歌う子らの学校があった

    60年以上も経て風化した橋梁をみると

    湖底に沈んだ記憶を誰が知っているだろうか

« 島牧海岸の夕日 | トップページ | 石狩湾の黄昏 »

水紀行あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タウシュベツ川橋梁(北海道・上士幌町):

« 島牧海岸の夕日 | トップページ | 石狩湾の黄昏 »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ